気持ちの問題ではない、うつ病のメカニズム

「気持ちの問題」ではない?抑うつ症になってしまうメカニズムとは?

一時期は「心の風邪」と言われていた「うつ病」ですが、最近はうつ病になる原因やメカニズムが少しずつ解明されていき、うつ病は「心の病」というよりも、「脳の病」であることがわかってきています。

実はわたしたちの脳は、ストレスなどの要因により、少しずつ変化していっているんです。わたしたちの思考や行動を司る、非常に大切な器官である脳。脳は、1000億個を超える、それこそ途方も無い数の神経細胞や脳細胞によって形成されています。何かしようと考えたり、なにかを行おうとするときに、脳の神経細胞が、例えば「右足を動かせ!」などの命令を神経伝達物質が、「シナプス」と呼ばれる神経細胞同士を連結させている器官を通って、筋肉などに命令を伝えています。

この命令のシステムをもう少し詳しく解説すると、何かしらで命令が脳から送られるときに、「セロトニン」や「ノルアドレナリン」という神経伝達物質が、レセプターと呼ばれる受容体と結合することで、情報の伝達が行われます。この伝達を繰り返すことで、わたしたちの行動がスムーズに行われているわけです。わたしたちが、「○○しよう」と思ったと同時に行動していることも少なくありませんので、どれだけの早さ、正確さで神経伝達物質が働いているかと思うと、人間の身体のすごさに驚くばかりですね。

しかし、わたしたちが強いストレスを感じ続けるなどの原因で、神経伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の分泌量が少なくなってしまいます。すると、レセプターに対してうまく結合することができなくなり、命令がきちんと届かなくなってしまいます。セロトニンは物事に対する意欲や気持ちの落ち着き、睡眠や食欲などの意欲に深く関わっていて、ノルアドレナリンは集中力や記憶などに深く関わっています。この2つの神経伝達物質が上手く機能しなくなることで、うつ病が発症してしまうのではないかと言われているんです。

うつ病になってしまうメカニズムで解明されている部分はここまでになります。また、なぜセロトニンやノルアドレナリンの分泌量が減少してしまうのか、という明確な理由はまだわかってないとも言われています。ですが、このメカニズムから読みとくと、うつ病にならないためには、セロトニンとノルアドレナリンの減少を防ぐことが一番ということがわかりますね。セロトニンの増加をサポートしてくれるサプリメントも販売されていますので、「ちょっと心配だな」という人は利用してもいいと思います。しかし、一番は出来るだけストレスがない生活です。なかなか現代では難しいかもしれませんが、ゆとりの時間をしっかりとって、自分を意識して休ませてあげることも大切ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加