冬季うつ病にかかると食欲が増してしまう

あなたは冬季うつ病を知っている?冬に食べ過ぎるのはこれが原因かも

秋から冬にかけての食欲の正体?

うつ病の中にもたくさんの種類があります。新型うつ病や、非定型うつ病、そして仮面うつ病などもそれにあたります。そんなうつ病の種類の中で、特定の季節にだけ反応を示す、冬季うつ病というものがあります。実はこれが食べ過ぎてしまう秋や冬の食欲の正体なのかもしれないのです。

冬季うつ病とは?

秋から冬にかけて、食べ物が美味しく感じられるようになりますが、食べればその分脂肪が増えます。お陰でこの時期は太る人が急増することでも知られていますね。そんな食欲の増す秋や冬ですが、実はその時期限定の冬季うつ病という病があることをあなたはご存知でしょうか?

この病は春のあたたかな空気を浴びてしまえば自然と回復するもので、季節性がある病です。この時期に差し掛かると冬季うつ病は一般的なうつ病と同じく、気分が落ち込んで感じられたり楽しいと思えなくなってきたりと、問題を抱えやすくなります。けれど食欲が何故か増して甘いものを食べたくなってしまうという、他のうつ病とは少々異なる症状が現れるのです。
(⇒通常のうつ病とはどんなものなのか?さくっと簡単に理解してしまおう!

日の光を浴びないことでおきるうつ病

この冬季うつ病が何故出てしまうのかというと、日射量不足からであると原因は分かっています。ですから朝から日光をあびて生活をするなど、冬季うつ病にかからないようにするためには、予防対策として太陽に意識的に多く浴びる必要があるのです。

日の光こそ命の光だった

日射量を春や夏と同様のレベルまで戻すことにより、あなたは冬季うつ病の魔の手から逃れることが出来るでしょう。ですが何故日射量が深くかかわってくるかというと、そもそも日光を浴びることで人は気分をよくするという仕組みが身体の中に元からプログラムされているようにあるため、それが足りないことでうっ屈とした気分になっていくと考えられるからです。

冬に太る原因も、冬にアンニュイになる原因も、まさにこれだったのです。秋や冬の時期に太りたくないあなたは、なるべく冬の日光を全身に浴びるようにしましょう。もっとも効果的なのは、視界に日光を浴びることです。ただし危険ですから直接みるのはやめましょう。建物や道を照らす日光を見るだけで効果的ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加