抑うつの原因は「セロトニン」という物質!

これが抑うつ病の原因だった!?興奮物質「セロトニン」に迫る!

現代病の代表である、うつ病。その原因は未だ不明ですが、最近は脳内伝達物質の異常によるものではないか、ということがわかってきました。

わたしたちが自分らしく生きるために大切な脳内伝達物質。その中でも、特に大切な3つの脳内伝達物質である、興奮や快感を与える「ドーパミン」、やる気や好奇心、判断力や集中力などを司る、非常に生きていくために大切な「ノルアドレナリン」、安定や落ち着き、幸せなどに関係している、幸せホルモンとも言われている「セロトニン」は「三大神経伝達物質」と言われています。

その中で、抑うつ病はノルアドレナリンとセロトニンの欠乏、特に後者のセロトニンが大きく関与しているのではないか、と言われているんです。

わたしたちがストレスを慢性的に受けていると、ノルアドレナリンが分泌し続けてしまいます。そのうち、ノルアドレナリンが枯渇してしまい、うつの原因のひとつになってしまうのではないか、と言われています。セロトニンは、ノルアドレナリンの分泌を抑えようと働き、こちらも頑張って分泌するために欠乏を起こしてしまう…という悪循環がみられます。また、セロトニン自体も非常に繊細なんです。強いストレスや、不規則な生活によってどんどん分泌が悪くなっていってしまうんです。

強いストレスや不規則な生活…これは、ほとんどの現代人に当てはまってしまうのではないでしょうか?セロトニンの分泌の低下のために抑うつ病が発症しやすくなるのであれば、現代人の生活は非常に抑うつ病を引き起こしやすいと言えてしまいます。

逆に言えば、セロトニンがきちんと分泌されていれば、抑うつ病の発症を抑えられるとも言えます。幸せ物質とも言われるセロトニン、どうすれば分泌の低下を抑えることが出来るのでしょうか。

まずは、きちんと規則正しい生活を送ることです。セロトニンは、太陽の光を浴びることで分泌を促進します。紫外線が気になる方は、2500ルクス以上の強さの光を受ければ問題ありません。朝はやくにきちんと起きてカーテンをあけて朝日を浴びる。当たり前のように思えますが、その当たり前が大切なんですね。

次は、セロトニンの分泌をうながす食べ物を食べることです。ありがたいことに、必須アミノ酸のひとつである「トリプトファン」は、セロトニンの分泌を促してくれるんです。トリプトファンが豊富に含まれているのはタンパク質ですので、鶏肉やナッツ類、お魚や豆腐などの豆製品をしっかり食べて摂取しましょう。とはいえ、タンパク質だけとっていればいいというわけではありません。トリプトファンの摂取をサポートするビタミンBやマグネシウムなど、バランスがいい食生活が第一です。

また、適度な運動もセロトニンの分泌によいとされています。激しい運動は必要ありませんので、ひと駅分歩いたり、寝る前のストレッチを行うだけでもしないよりはずっといいので、毎日続けられるものを選んで行ってみましょう。

規則正しい生活は、抑うつ病だけでなく様々な病気を防止してくれる、一番効果的な方法です。全て一度に完璧にやろうとせず、まずは自分の出来るところから始めてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加